昔に比べると高い

昔からスタッドレスタイヤは、車にとって必要なアイテムです。ですが、年々性能は進化しているので昔に比べると性能性や使いやすさなどをは良くなってきていますので知っておいて下さい。

走行を安全に

安全な走行を望みたい場合はタイヤについて見直しを進めていくことが大切です。また、点検を行ってくれる業者もたくさんいるので、これらのサービスを活用させていくようにしましょう。

ネットで比較する

タイヤは消耗品です。1トンもの重量のある車の走行を支えるタイヤは、乗り続けることで消耗していくのです。タイヤを購入する手段は様々なので、ネットを活用して値段を比較すると選びやすくなるでしょう。

進化している

タイヤは今も進化を続ける車のパーツの一つです。タイヤの素材であるゴムがより良いものになっているため、耐久力等も昔に比べるとはるかに高くなって、長い期間利用することが出来るのです。

禁止行為

車検切れで公道を走行するのは、道路交通法という観点から見て禁止されている行為です。どんなに事情があっても許されることはないため、もしも車検切れになってしまったら、先にその対処を施すのが重要です。

寿命はある

所有している車、車検切れになっていませんか?そんな場合でも正しく処理するためのコツがありますので、情報収集しましょう。

知っておきたいスタッドレスタイヤの寿命

雪道やアイスバーンなどで滑りにくくしてくれるスタッドレスタイヤは知っておきたいいろんなことがあります。 はじめにスタッドレスタイヤの寿命についてです。今の寿命を確認するには「プラットホーム」と呼ばれる印を見ればわかります。使い始めたばかりの新品の場合はまだそれが見えませんが、タイヤの摩擦の度合いによってそれが見えてきます。溝の深さが新品のおよそ半分になると本来の能力を発揮できなくなってしまいます。またスタッドレスタイヤのゴムの硬化によっても劣化してしまうので寿命はおよそ3年から4年ほどです。 冬の間は積雪によるスリップ事故が多いですが、都心など雪があまり降らない地域でも急な積雪や路面凍結もあって油断できません。冬の時期はスタッドレスタイヤをつけて安全にドライブしましょう。

タイヤをより長持ちさせる

スタッドレスタイヤは使用者の扱い方で3年より短い間しか使えなかったりすることがありますが、上手に扱えば10年近くも使用できたという声もあります。今回はその中から使用後の手入れと、保管の仕方についてです。 スタッドレスタイヤは使用後たくさんの汚れがついており、その中でも融雪剤と油脂(タイヤワックス)はゴムの劣化を速めてしまいます。使用して取り外したタイヤは、しっかりと洗って水分をふき取って保管をしましょう。 保管する際注意しておきたいことは、ゴムの劣化とタイヤの変形です。保管をするときには、使用するときの半分くらいまでタイヤの空気を減らし、直射日光を避けてむやみに積まないようにしてください。 長持ちさせるテクニックはほかにもたくさんありますが、今回紹介した方法で長く使用してみてください。

愛車を自分の趣味でまとめませんか?痛車のカッティングシートの製作依頼ならこちらへどうぞ。多くの人が利用している理由は短期納品にあります。